RECRUIT必読!FAQ

WRITTEN EXAM

職種・ジャンル
に迷ったら

アニメ・映画などの映像や、舞台・イベントといったライブ事業に関わる仕事がしたいです。どのジャンルを志望すればよいでしょうか?

「コンテンツ事業」では、原作の映像化・商品化ライセンスだけでなく、アニメを中心とした映像作品のプロデュース業務やライブ事業を行っています。 ただ、「コミック」や「文芸」などの編集部門でも、担当作品の編集者として映像・舞台等に関わることも多くあります。
コンテンツ事業の仕事を見る

Webメディアやアプリの開発・運用や、社内システムの開発といったデジタル関連の仕事をしたいです。どのジャンルを志望すればよいでしょうか。

「デジタル・システム」を選んでください。講談社には今、数多くのWebメディアやアプリがあり、コンテンツメーカーの立場から、デジタルビジネスを大きく成長させようとしています。そのため、それらを支えるデジタル関連業務には、新しいアイデアと人材が必要です。 業務システムやITインフラの開発・構築、さらには、データ分析といった業務まで、エンタメ会社ならではのデジタルビジネスを大きく育てていくをしたいという方、ぜひご応募をお待ちしています。
デジタル・システムの仕事を見る

「ボンボンTV」のような動画コンテンツに興味があります。どのジャンルを志望すればよいでしょうか?

どのような動画をつくりたいか、そのコンテンツに近い編集部門のジャンルを選んでください。(例:スポーツ選手のインタビュー動画を作りたい ⇒ 「ニュース・芸能・スポーツ」、子ども向けの動画コンテンツをつくりたい ⇒ 「幼児・児童」) また、アニメや映画のプロデュースや企画営業に興味があれば、「国内ライツ」を選んでください。
「ボンボンTV」の編集者の仕事を見る

電子書籍やアプリに関する仕事をしたい場合にはどのジャンルを志望すればよいでしょうか?

電子書籍の販売やマーケティングに興味があるのなら「マーケティング・プロモーション(販売・宣伝)」を選んでください。 逆に、電子書籍やアプリのコンテンツ(ものがたり)を作りたいのであれば、編集の各ジャンルのうち一番興味のあるものを選んでください。 アプリのシステム開発やWebサイトの構築などに興味があれば「デジタル・システム」を選んでください。
マーケティング・プロモーション(販売・宣伝)の仕事を見る

料理本などの実用書はどのジャンルに入るのでしょうか?

「ファッション・ライフスタイル」です。
ファッション・ライフスタイルの仕事を見る

ラノベ文庫はどのジャンルに入るのでしょうか?

「文芸」です。
文芸の仕事を見る

海外の作品を翻訳し、日本で出版するような仕事はどこでしょうか?

当該の作品がコミックであれば「コミック」を、対象読者が大人でテキストものであれば「文芸」を、幼児・児童向けの絵本などであれば「こども・教育」を選んでください。 なお、「海外事業」は日本の作品・コンテンツを、海外で出版したり販売する仕事です。
お仕事相関図を見る

現代新書やブルーバックス、選書メチエなどの教養シリーズはどのジャンルに入るのでしょうか?

「学芸・学術」です。
学芸・学術の仕事を見る

「ディズニーファン」はどのジャンルでしょうか?

「こども・教育」を選んでください。
こども・教育の仕事を見る

全く新しい雑誌を作りたいと考えて講談社を志望しています。紙の雑誌はどのジャンルにあるのでしょうか。

紙・Web関係なく、対象の読者・ユーザーや表現方法をもとに選んでください。幼児・児童向け雑誌あれば「こども・教育」を、文芸誌を作りたい場合は「文芸」を、ファッション誌であれば「ファッション・ライフスタイル」選んでください。
お仕事相関図を見る

「現代ビジネス」や「クーリエ・ジャポン」のようなニュース系Webメディアはどのジャンルに入るのでしょうか?

教養・ジャーナリズムのなかの「報道・芸能」ジャンルです。「FRIDAYデジタル」や「ゲキサカ」もこの中に入ります。 なお、講談社にはさまざまなWebメディアがあるため、自分のやりたいジャンルに近い編集分野を選んでください。例えば、「ViVi」や「VOCE」などのWebサイトであれば「ファッション・ライフスタイル」になります。
報道・芸能の仕事を見る

「広告」と「宣伝」の違いがわかりません。同じ仕事のように思えるのですが?

情報の流れる方向、お金の流れる方向が「広告」と「宣伝」では正反対です。 「広告」の仕事は、「メディア・コミュニケーション」ジャンルを指します。自社の雑誌やWebメディアなどに他社の商品やサービスの宣伝広告を掲載し、広告収入を得る仕事です。最近は、データ分析を駆使した運用型広告収入も拡大しています。 「宣伝」の仕事は、「マーケティング・プロモーション」ジャンルを指します。講談社の自社の製品である書籍・雑誌の宣伝広告を、新聞など他社の媒体に掲載するためのプロモーション活動をします。
メディア・コミュニケーションの仕事を見る

車に興味があります。「ベストカー」の編集を希望するにはどのジャンルを選べばよいでしょうか。

「ベストカー」は講談社の関連会社が編集している雑誌です。講談社に入社しても編集に携わることはできません。志望の雑誌の奥付などをご覧いただき、講談社が編集しているかどうかご確認ください。

経理や総務・人事といった管理部門を志望する場合は、どのジャンルを選べばよいでしょうか?

「その他」を選んでください。

WRITTEN EXAM

会社・仕事・
働き方について

勤務地はどこですか? 転勤はありますか?

東京本社(文京区護国寺駅直結)です。転勤はありません。 ただ、例外として、海外関連会社へ出向するケースがあります(現在はNYCに数名のみ)。

講談社にはどんな仕事がありますか?

おおきくわけて編集・営業・校閲の仕事があります。 編集は、講談社が発行・提供するあらゆるコンテンツを「つくる」仕事です。媒体やレーベルごとに編集部・出版部があり、それぞれの部署で受け持ちの書籍・コミック・雑誌・Webメディア等を編集しています。 そのコンテンツを、紙やデジタルで販売したり、二次利用・三次利用(ライツ)や海外への展開、広告(メディア・コミュニケーション)などの方法で人々に「届け」、利益をあげていくのが営業の仕事です。 校閲は、編集部門がつくったものに間違いがないかどうかをチェックし、クオリティを「磨く」仕事です。間違いには誤字・脱字のような目に見えるものから、事実確認といった目には見えづらいものまでさまざまなものがあります。 より具体的な仕事の内容は「お仕事相関図」をご覧ください。 ※なお、2022年度ではジャンル名を一部変更しています。
お仕事相関図を見る

電子書籍はどの部署が作っているのですか?

基本的には紙の雑誌や本と同時進行で作られていますので、その作品を編集している編集部・出版部になります。電子書籍を専門に作っている編集部・出版部があるというわけではありません。 「現代ビジネス」や「ゲキサカ」、「クーリエ・ジャポン」、「mi-mollet」などWEBメディアのみで展開しているコンテンツもありますが、これらも採用の応募のジャンルでいえば、それぞれに該当する編集ジャンルに属します。 一方、電子書籍を売る部署は「マーケティング・プロモーション(販売・宣伝)」です。
『五等分の花嫁』ができるまで(コミックが届くまでを参考)

海外での仕事について教えてください。

現在、アジアやヨーロッパ・アメリカをはじめさまざまな国々を舞台に、国際ライツ事業部が海外事業を展開しています。 フランス・アメリカを中心に世界中で日本のマンガは大人気ですし、中南米や東欧などにもライセンスエリアを拡大しています。また、近年はコミックや小説・雑誌だけでなく、アニメやゲームなど取り扱うコンテンツの幅も広がっています。 海外関連会社としては、2005年に「講談社(北京)文化有限公司」を北京に、2008年に「Kodansha USA Publishing, LLC.」をニューヨークに、2015年には「Kodansha Advanced Media, LLC.」をサンフランシスコに設立。現在、海外4ヵ国・地域に関連会社が存在しています。 少人数ではありますが、これら海外の現地法人に出向している社員もいます。
海外事業の仕事を見る

人事異動はどのぐらいの頻度で行われるのでしょうか?

講談社では毎年6月に大規模な人事異動が行われますが、小規模な人事異動は毎月のようにあります。ただし、一定のルールがあるというわけではなく、ひとつの部署に在籍する期間や異動の回数などは人それぞれです。 人事異動は本人の希望や適性に加え、会社の経営方針などさまざまな要素が複雑に絡まって決まるのだとお考えください。

配属の希望はどのぐらい聞いてもらえるのでしょうか?

新入社員の配属先は入社後、本人の希望をベースに、適性や会社の経営方針によって決まります。このぐらいの割合という明確な回答はありませんが、【新入社員アンケート】のQ1の回答を見ていただけると参考になるのではないでしょうか。部署やジャンルによっても、新入社員が配属されやすい部署、されにくい部署はありますが、どの部署に配属されるかは、新入社員研修の終了直前までわかりません。 ちなみに、総合出版社ではさまざまな職種を経験してこそ、自分のやりたい分野で活躍している人が多くいます。多少の回り道が結果的に自分のためになることも多いので、あまり最初の配属を意識しすぎる必要はないのかもしれません。
新入社員アンケートを見る

週刊少年マガジン編集部には女性社員がいないという話を聞いたことがあります。女性が男性コミック誌で働くことはできるのでしょうか?

週刊少年マガジン編集部に限らず、社員の性別に制約のある部署はありません。男性コミック誌の編集部で働く女性社員も、女性ファッション誌の編集部で働く男性社員もいます。

女性の働き方について教えてください。

妊娠・出産に関する制度は、産前・産後休暇、育児休職、育児時短など、十分に整備されています。育児休職からの復帰に際しても、原則は元に所属していた部署に復帰することを前提に、本人と会社が相談して決めていますので、編集の現場に戻って活躍している女性社員もたくさんいます。講談社で結婚・出産を機に退社する社員はこの10年以上おりません。

出版社の仕事は激務だと聞きますが、実際どうなのでしょうか?

現在、休暇取得や深夜勤務をなくしていくといった働き方の見直しを積極的に推進しています。もちろん肉体的・精神的なタフさは求められますが、社員やスタッフ全員が、健康で働きやすい環境を整備しています。

テレワークや在宅勤務はできますか?

現在、コロナ禍の特別措置として在宅勤務が認められており、今後も継続していく予定です。

WRITTEN EXAM

都市伝説について

本を読まない人は入社できない、と聞きます。読書量が少ないのですが、出版社で働くのは難しいでしょうか?

読書の量や幅だけで採用の可否を決めるのかといえば、そういったことはありません。皆さんの読書量よりも、「何が好きなのか」「何を面白いと感じるのか」ということに我々は興味があります。 しかし、出版社は本をはじめとするさまざまな「ものがたり」をつくる会社です。必然、本を読むということは出版社の基本業務ということになります。編集であれば、短時間のうちに大量の資料を読み込み、作者やスタッフに要約を提供することもありますし、営業であれば、発売前には大量の初校ゲラ(初校刷り)に目を通すことになります。校閲に関しては言うまでもありません。今からでも遅くはないので、読書の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

インターンシップの抽選にはずれたら、もう見込み無しということでしょうか?

講談社のインターンシップへの参加・不参加が、選考に影響することは一切ありません。 ただ、なるべく多くの人に参加していただきたいので、抽選になった場合には、まだ参加されていない方を優先しております。

エントリーシートには誤字・脱字は一文字も許されないのでしょうか?

誤字・脱字を一文字も許さないとなると、選考者がエントリーシートを読み込む時間がいくらあっても足りません。ということで、誤字や脱字だけが理由で不合格にはならないとお考えください。エントリーシートは体裁ではなく、あくまで記載されている内容で判断をします。とは言え、あまりに誤字・脱字が多いエントリーシートというのはご勘弁を。

出版社の筆記試験は難しくて回答不可能、というのは本当でしょうか?

たしかに以前は「一般非常識問題」と揶揄されるほど難しい問題もあったかもしれません。しかし、筆記試験もさまざまです。どのような問題や形式になるかはわかりませんので、あまり気負わずにチャレンジしてください。

面接で「最後に言いたいことはありますか?」と言われたらお祈りフラグなのでしょうか?

いわゆるひとつの‟都市伝説”です。正直なところ、そのようなフラグを立ててもメリットがありませんので、言われてもご安心ください。

内定を辞退すると、やはりコーヒーをかけられるのでしょうか?

内定辞退は残念ですけれども、その方の判断を尊重しています。その際には笑顔でお別れするように、採用担当としては努めております。

WRITTEN EXAM

応募について

大学を既に卒業し、他の企業で働いていますが受験できますか?

1992年4月2日以降生まれの方であれば、既卒で社会人として働いている方も受験できます。 ただし、入社後の研修や配属は新卒の方と同じスケジュールで行います。いわゆる「経験者採用」枠としては扱いませんので、その点はあらかじめご承知おきください。

以前、講談社の選考で不採用になった経験がありますが受験できますか?

応募資格を満たしている方であれば受験は可能です。再チャレンジで入社に至った社員も近年では珍しくありません。 ただし、過去の選考結果は考慮されません。前年に最終面接まで残った方が、翌年は筆記試験や第一次面接を通過できないというような逆のケースも十分にあり得ます。

外国人留学生でも応募はできますか?

応募資格を満たしていれば問題なく応募していただけます。実際に何人もの外国人留学生が内定しています。 ただし、外国人の方向けの特別な選考は行いませんので、他の応募者と同じ、日本語で試験・面接を受けていただくことになります。

理系の学部・学科の学生でも講談社に入社できるでしょうか?

学部・学科を選考の材料とすることはありません。講談社には理系の学部・学科出身の社員も在籍しており、さまざまな職場で活躍しています。

WRITTEN EXAM

エントリー
シートについて

近日公開予定

WRITTEN EXAM

筆記試験について

近日公開予定

JOB INTERVIEW

面接について

近日公開予定